2011年06月29日

娘の入院生活1日目〜生まれてこのかた大した病気もせず、入院生活とは無縁だった娘が昨日から入院しました

生まれてこのかた大した病気もせず、
入院生活とは無縁だった娘が昨日から入院しました。

先週の木曜日(6月23日)から頭痛を訴え、
翌日もしんどそうにしているので
熱はなかったけど、かかりつけの内科に土曜日に行きました。
内科には風邪と熱中症かなと診断されました。

鎮痛剤を飲んで「頭痛くなくなった」とその日は言っていた娘も
次の日の日曜日にはまた頭痛を訴え始めました。

土曜日は家で大好きな名探偵コナンの映画を見るほど
余裕のあった娘ですが、
日曜日は、ほとんど眠っていました。
夕方、買い物についてきた以外は本当にずっとです。

翌27日月曜日には普通どおりに学校に行ったのですが、
帰って来てからやはりソファで寝てしまいました。

異常な様子に、夜勤務先の保育園の懇談会に出席する予定だった私は
夫に近所の脳外科医を受診するよう託してでてきました。

その後の経過は、夫のブログを見てください。
http://karatekalibrarian.blogspot.com/2011/06/blog-post.html

思いもかけない状況に未だ現実感がないのが、正直言って今の心境です。

ブログも夫のように闘病日記にしていくのか?も悩み中。

前向きになりきれない自分がいます。

最近実家の妹に借りて読んだ「麒麟の翼」には
長い間寝たきりの息子に関する闘病日記のブログが
作中に書かれていたなあと思いだします。

あれを他人事と読んでいた時のほうが現実的で、
あんなに自分は強くなれない。

でも目の前には朝練に行く中学校の息子がごはんを食べていて、
その息子もかけがえのない私の子ども。

家族が共倒れにならないよう支えあっていかなければね。




posted by arikoyuko at 06:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: