2013年01月31日

娘が星になって236〜239日目〜インフルエンザで寝込んでます 夫が修士論文を提出しました

1月27日日曜日の夕方から、
急に倦怠感に襲われて、ゆっくり寝ていました。
寒気も出てきたので、
熱をはかったところ、37度を越したので
風邪かな?と思い、早めに寝ました。
寝る前には38度を越えて、しんどくなったので、
職場には明日はいけないかもしれないと連絡しました。

1月28日月曜日の朝、倦怠感がひどく
ふらふらしながらも朝一番で病院に行きました。
熱は下がったけど、検査をしてもらったら
インフルエンザA型でした。

どうりで、倦怠感がひどく、
体を動かすのもしんどい…

妊娠中なので、タミフルとかの抗ウィルス剤は
処方されず、解熱剤だけで安静にするしかないようです…

今週の予定が全てパーになったので、
職場をはじめ、関係する人に連絡をして
ゆっくり寝室で休みました。

熱はたいしたことないのに、とにかく倦怠感と吐き気がしんどい。
ずっとこの日は寝ていました。
夫が休んでくれて助かりました。

1月29日火曜日。
朝熱をはかると、37度3分ほどあったのですが、
一寝入りして大量の汗で起きて着替えたら、
すっかり平熱に戻りました。

昼から本を読んで過ごしました。

1月30日水曜日。
朝からずっと平熱です。
午前中に寝てしまうせいか、すっかり生活が夜型に。

倦怠感と吐き気は少し残っているので、
食欲がなかなか戻りません。

それでも、タミフルを飲んでない割には軽く済んだと思います。

この日は初めて風呂に入ったのですが、
ふらふらしました。
体力がなくなってるのを痛感します。

この日は、夫が修士論文を提出しに行きました。
自分の勉強のために、大学院に入った夫です。
娘が元気な頃には、一回生だったので
熱心に授業を受けて、
後は修士論文を書くだけでした。

しかし、2回生の半ばごろに娘が病気になって、
休学届けを出して、勉強も途中で止まってました。

そして一年後の6月に娘はお星様になってしまいました。
周囲の勧めもあり今年度の10月に復学したのですが、
なかなか気持ちがすぐについていくものでもありません。

私も実感がありますが、
しばらく読書も漫画や小説以外読めなかったし、
事務などの仕事も難しいのです。

頭がついていかないというか。
うわの空に陥りやすく、系統立てて考えることが難しいのです。

そんな中、夫はすごーく頑張りました。
本当に偉いなと思います。

別に娘の事を、考えていないのではなくて、
考えながらも頑張って頑張ってこなしてきた。

それをするのが本当にしんどかったのは、
私にはすごく分かります。

でも、本当にしんどかったけど、
娘のためにも、応援してくれた大学院の人たちのためにも頑張りたくて、不十分なコンディションの中でも頑張ったんだろうなと思うのです。

私がこんな体調じゃなかったら、
もっとお祝いしてあげたかったけど。

おめでとう、夫。

posted by arikoyuko at 14:42| Comment(0) | 日記 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

娘が星になって235日目〜初めての助産院での診察 法人主催の「生きる力」イベントに行きました

1月26日土曜日、晴れ。
この日は初めて助産院での診察でした。

助産院に行く前に、その1階部分にある産婦人科に寄りました。
先日検査した風疹の抗体があるかどうか、血液検査の結果を聞きに行くためです。
結果は、抗体がちゃんとあるということで、
安心してお産をしても大丈夫と言われました。

助産院では、布団に横になって、血圧を計って、
その後赤ちゃんの心音を聞きました。
(超音波はありません)
リズミカルな心臓の音が聞こえました。

あとはマッサージをしてもらいました。
頭や肩や足に。気持ち良い・・・

今後の予定も話しながら、約30分の診察終了。
たんぱくも異常なしでした。

この日は予定が詰まっていました。
京都の保育園の法人主催の「生きる力」イベントに行くために、
電車で向かいました。

前の診察の人がおくれて長引いたため、、予定より30分遅く出発しましたが、
イベント会場には30分前に着くことができました。

イベント内容はわらび座のミュージカル「アトム」の公演でした。
わらび座の公演を観るのは初めてです。

とても良かった〜。
あまり芝居物は観ないのですが、さすがプロの方は歌も踊りも上手い。
そして感動しました。

でも最近、映画を観た時も思ったのですが、
どうも悲しい場面になると娘のことが思い出されます。
小説も映画も劇も、結局自分を投影して観るから、そうなってしまうのかな。

このイベントでは、皆から集めた「生きる力」の展示も行っていました。
私も娘の写真をコメント付きで出していました。

以下、そのコメントです。

「この写真は、2011年6月28日に小児がんの一種、
小児脳幹グリオーマの併発により悪化した水頭症の手術をするために、
生まれて初めて手術室に運ばれる娘の姿を撮影したものです。
この前日まで元気だった娘は、これから1年間どんどん体の機能が失われる中、
2回の長期に渡る放射線治療と何種類にも及ぶ抗がん治療を続けました。
しかし、残念ながら2012年6月6日にお星様になりました。
 娘は、最後の最後まで治療や病気の副作用には、全く弱音を吐かず、
「絶対、元気になる」と諦めず、ずっと病気と闘い続けました。
最期を迎えた緩和ケア病室に入った前後の2週間は、
自分の意思では声も出せず、手や足も動かせない状態でしたが、
院内学校の先生やリハビリの先生が来る度に、一生懸命、目や体が反応していました。
 私にとっては、この最後まで諦めず頑張り続けた娘の姿こそ、生きる力です。」

最初に園長先生に「生きる力」の提出を打診されたときに、
娘のことしか思い浮かびませんでした。
暗い内容だけど、思いきって出しました。

娘がこの世に生きた証。
その意味。
今でも良く分からないのだけど、ブログもその「生きる力」も
それを残していきたくてやっているのかな・・・

会場の近くに北野天満宮があったので寄りました。


image-20130127102042.png


参拝客は思ったより多く、本堂では並んで参列していました。
受験シーズンが近いからかな?

晩ご飯は、京都の和食のお店で食べて帰りました。
ここは職場の忘年会で行ったのですが、
とても美味しい上に、リーズナブルな値段です。

吟味屋 菜々色
[小料理]
京都市営烏丸線五条(京都市営)駅4番口 徒歩7分
〒600-8478 京都府京都市下京区綾小路通醒ヶ井東入ル北角西半町83(地図
ぐるなびで 吟味屋 菜々色 の詳細情報を見る
※2013年1月27日現在の情報です
ぐるなびぐるなび七条・丹波口のお店情報もチェック!


この日もお任せコースを頼みましたが、美味しかった〜。
最後の締めの塩むすびをお茶漬けに代えてくださいという要望にも
快く応じてくれました。

また、食べに行きたいお店です!




posted by arikoyuko at 10:17| Comment(0) | 日記 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

娘が星になって234日目〜4歳児さんがうどん作りをしました

1月25日金曜日、曇り。
この日は風が強く、寒い日でした。
いつも通り、京都の保育園に出勤です。


image-20130126081006.png


今日の給食は「ごはん、すまし汁、かぼちゃのそぼろあん、
コールスローサラダ、切りこんぶの煮物」でした。
すまし汁に入っているのは、4歳児さんがクッキングで作ったうどんです。

うどんは、2人一組で粉をこねて、少し生地をお昼寝させてから足でふみふみしていました。
生地を延ばすのは保育士さんがやって、うどんを切るのと茹でるのは調理側がしました。


image-20130126081052.png


image-20130126081250.png



image-20130126081108.png



ちゃーんとうどんになっていましたよ。
茹でたてを生じょうゆで食べました。
美味しかった〜。

この日は一週間の疲労がたまり、接骨院に行きました。
肩凝りと腱鞘炎、足のむくみに鍼治療をしてもらいました。
右手にうってもらった鍼のあとが痛い・・・

この日の晩ご飯は、チキンカツ。
妊婦になってから、トンカツやチキンカツなど揚げもの大好きな私。
今回の妊娠中のはまりものは、カツとモダン焼きかな?
体重増加に注意です。
posted by arikoyuko at 08:05| Comment(0) | 日記 2012年 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする